【商品紹介】北海道民芸家具

北海道民芸家具の座ビューローが入荷しております!

北海道民芸家具

その質の高さと美しさでファンも多い通称ホクミンの家具。

創業者の大原氏が日本の民芸運動から影響を受け、北海道に伝統工芸の技術を根付かせるために家具製作をすすめたのが北海道民芸家具の始まりです。

当時から北海道の良質な樺の木を使い、現在に至っても長く大切に使っていける家具を作り続けています。

2014-08-11 11.03.16

こちらは「座ビューロー」という、床に座って使う事を想定して作られたライティングビューローです。
日本ならではの家具ですね。

現代では床に座って書き物をすることはあまりないかもしれませんが、収納にはもってこい。
なんといっても形がかわいいです!

2014-08-11 11.04.33

木目の美しい樺の無垢材が高級感を漂わせます。

引き出しは「蟻組」という方法で接がれています。
簡単には外れることのない構造で、細かいところにも高い技術が使われているのが窺えます。

2014-08-11 11.04.01

サイズ:幅 73cm 奥行き 42.5cm 高さ 69cm (フタを開いた部分までの高さ 40cm)
主材:樺

SOLD  OUT ありがとうございました。

 

※こちらの商品は中古品です。小キズや傷みが多数ございます事をご了承ください。

 

2014-08-18 | Posted in お知らせ, 古家具・古道具のご紹介Comments Closed 

関連記事