柳宗理デザイン 寺岡式二回転下皿秤

V_017

柳宗理デザイン 寺岡精工のはかり  (V_017)

販売価格(税込)
¥25,000
在庫状態 : 在庫有り

サイズ:幅約35cm 奥行き約20cm 高さ約43cm

 

1960年に柳宗理がデザインした寺岡精工の二回転下皿秤。
柳宗理のプロダクトデザインを代表する製品と言っても過言ではありません。

高度経済成長期の日本では新店舗の設計や改築などが急速に増加し、そこに設置されることになる商業用のはかりも効率とデザインの両方が求められました。そんな中、大変な人気を博したのがこちらのはかりです。

発売当時は「はかりのベンツ」と呼ばれ、高級外車に例えられるほど商売人たちの憧れとなりました。
デザインと丈夫さと使い勝手のよさを兼ね備え、当時の価格で3万円以上と高額でありながら、多くの店舗で採用されました。これを店先に置くことがお店のステータスになると言われたほどだったそうです。
現在でも老舗のお肉屋さんなどでたまに見かけますよね。

 

2015-01-25 11.33.47   2015-01-25 11.32.58   2015-01-25 11.33.20   2015-01-25 11.34.00
             
2015-01-25 11.34.13   2015-01-25 11.34.24   2015-01-25 11.33.04   2015-01-25 11.33.09
             
2015-01-25 11.33.32   2015-01-25 11.33.09        

 

※店内で何度か試した際は問題なく使用できましたが、古いものですのではかりの精度は保証できません。ご了承ください。

 

数量

関連記事